秋田酒類製造株式会社

蔵元外観

江戸・明治・大正・昭和と酒造りしてきた12の酒造家が、完全企業合同し発足したのが、「高清水」の始まりです。
蔵のある当地は藩政時代に秋田を治めた佐竹公がお茶会で汲んでいた井戸水と水脈を一つにするといわれ、現在も清冽な水に恵まれています。
当社は良質な米と水、そして山内杜氏を中心に秋田の酒造りの特徴である「長期低温醗酵」で「濃醇なめらかで馥郁たる香気」のお酒を醸し続けております。

担当者

担当者より

高清水の伝統の造りに花酵母を融合させ、香味に特徴のある酒造りを行っております。高清水の新しい一面を味わって頂きたいと思います。
また、清酒のみならず焼酎造りにも挑戦しております。

担当者 : 岡部 正人

商品イメージ

商品について

高清水 和の酒倶楽部(頒布会10月・11月・12月)
高清水では、現在頒布会でのみ販売する限定商品の一つに花酵母を使用しております。限定商品ならではの心地よい喉越しの飲み飽きしないしっかりとした味わいが特徴のお酒です。

(左写真 日々草仕込:普通酒/アルコール度数:15.5/日本酒度:+4.0/酸度:1.4)

頒布会のご案内は、毎年8月の中旬以降となります。
詳しくは、弊社HPをご覧下さい。

所在地秋田市川元むつみ町4番12号
TEL:018-864-7331 FAX:018-863-9373
webサイトhttp://www.takashimizu.co.jp
E-mailweb@takashimizu.co.jp
  • HOME
  • 花酵母とは
  • 花酵母の種類
  • 花酵母研究会
  • 蔵元紹介
  • 花酵母研究会からのお知らせ
  • デジタルカタログ