長龍酒造株式会社

蔵元外観

長龍酒造のお酒は、日本酒発祥の地と言われております「大和(奈良県)」の『広陵蔵』で産まれ、河内音頭の本場、大阪八尾市にございます『八尾蔵』の地下貯蔵庫でじっくりと熟成成長した後、製品化され出荷されていきます。
社是にある「昇道無窮極」(しょうどうむきゅうきょく)~「品質を追求する心に極みはない、品質競争は無限である」~という言葉は、私たち長龍酒造の“酒造り”に対する心構えを表わしております。

担当者

担当者より

従来お酒は酒蔵毎に、その蔵に住み着いた酵母により醸し出され、出来上がったお酒は、その蔵の特長が良く出ていました。今日協会酵母の普及で蔵毎の特長が少なくなりました。この花酵母は特長が鮮明に出て、お酒の楽しみ方の広がりが出てきたと感じています。

担当者 : 楠本 藤二

商品イメージ

商品について

アベリア花酵母を使用し、日本酒造りと同じ低温発酵で丁寧に仕込んだ本格米焼酎です。日本酒蔵が造った米焼酎の繊細な味わいの世界が楽しめます。

<味わい>
まろやかでありながら、すっきりしたキレの良い味わいと優しい吟醸の風味が特長です。より香りと風味を出す為に、大吟醸粕を加え蒸留しました。

<アベリア花酵母>
夏から秋まで長く咲き続けるアベリア。アベリア酵母のお酒は、果実酒の様に甘くフルーティな香りとバランスが取れた味わいです。また、飲んだ後にキレがあります。

<飲み方>
ロックかストレートがおすすめです。

所在地奈良県北葛城郡広陵町南4
TEL:0745-56-2026 FAX:0745-56-3080
webサイトhttp://www.choryo.jp
E-maile-choryo@iidagroup.co.jp
  • HOME
  • 花酵母とは
  • 花酵母の種類
  • 花酵母研究会
  • 蔵元紹介
  • 花酵母研究会からのお知らせ
  • デジタルカタログ