武の井酒造株式会社

蔵元外観

武の井酒造(株)の創業は慶応年間。社名であり酒名にもなっている「武の井」の由来は、創業者である清水武左衛門の「武」と良水の湧き出る井戸の「井」をかけ合わせて命名されました。
仕込み水には八ヶ岳南麓の伏流水を使用し、県内県外から厳選した原料米を用いて酒を醸し、また山梨県内では数少ない焼酎(米)も製造している酒造場です。少人数ながら“良品をリーズナブルな価格で”を心掛けて酒造りをしています。

担当者

担当者より

来福酒造(株)で3年間修行させて頂き、蔵に戻りました。花酵母で美味しい酒を造るべく、毎年気合を入れて『青煌(せいこう)』を醸しています。
今後も楽しく飲める日本酒を目指して造っていきますので、ご期待下さい!

担当者 : 清水 紘一郎

商品イメージ

商品について

純米酒 青煌 つるばら酵母仕込み(左)
青煌は担当者が造った日本酒の為に2006年に立ち上げたニューブランドです。青煌の全ての商品には花酵母を使用して造っています。この純米酒はつるばら酵母を使用しており純米酒ながら味だけではなく香りも楽しめる日本酒になっています。米には美山錦を60%まで精米したものを使用し、低温で丁寧に造りあげました。


純米焼酎 八ヶ岳の舞25度 なでしこ酵母仕込み(右)
花酵母を使用して焼酎を造っている県内の蔵は弊社のみです。酵母はなでしこ酵母を使用し、米は山梨県産米、水は八ヶ岳の伏流水を使用して減圧蒸留により造った単式蒸留焼酎です。なでしこ酵母ならではの吟醸香を残しつつ、米の美味しさもしっかり残した四合瓶限定の商品です。

所在地山梨県北杜市高根町箕輪1450
TEL:0551-47-2277 FAX:0551-47-2278
webサイト
E-mailtakenoi@nifty.com
  • HOME
  • 花酵母とは
  • 花酵母の種類
  • 花酵母研究会
  • 蔵元紹介
  • 花酵母研究会からのお知らせ
  • デジタルカタログ